がんプロ:高度がん医療開発を先導する専門家の養成-高度がん医療開発を先導する専門家の養成-

がんプロ:高度がん医療開発を先導する専門家の養成
News&Topics

HOME > News&Topics > 1/7(土)放射線検出器の研究シーズと医療現場ニーズに関するシンポジウム(第3 弾)

1/7(土)放射線検出器の研究シーズと医療現場ニーズに関するシンポジウム(第3 弾)

イベント情報  首都大学東京  2016/11/16

内 容:放射線検出器の研究シーズと医療現場ニーズに関するシンポジウム(第3 弾)
    ~微小空間の線量測定に関する最新技術~
「医学物理学分野における微小空間線量測定の現状と展望」西尾禎治 先生(東京女子医科大学)
「超小型光ファイバ線量計の開発」渡辺賢一 先生(名古屋大学)
「マイクロビーム放射線治療に用いる為の高線量・高空間分解能を有するX線計測技術の開発」岡田豪 先生(奈良先端科学技術大学院大学)
「Glass GEM を用いた高空間分解能二次元ガス検出器の開発」藤原健 先生(産業技術総合研究所)
「粒子線がん治療用三次元ゲル線量計の開発」前山拓哉 先生(北里大学)
開催日: 平成29 年1 月7 日(土)
場 所: 首都大学東京荒川キャンパス 大視聴覚室
参加費: 無料(懇親会は会費4,000 円予定、当日集金)
定 員: 100 名程度
備 考: 医学物理士認定機構の業績評価点の対象(コードF2 単位数3)として出席証明書を発行いたします。


※参加方法等の詳細は、右記リンクをご確認ください symposium.pdf