がんプロ:高度がん医療開発を先導する専門家の養成-高度がん医療開発を先導する専門家の養成-

がんプロ:高度がん医療開発を先導する専門家の養成
News&Topics

HOME > News&Topics > 2/10(水)がんプロ「チーム医療」分野別ワークショップ開催のお知らせ

2/10(水)がんプロ「チーム医療」分野別ワークショップ開催のお知らせ

イベント情報  慶應義塾大学  2015/12/22

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン-高度がん医療開発を先導する専門家の養成-
2/10(水)がんプロ「チーム医療」分野別ワークショップ「遺伝性卵巣がんとPARP阻害薬:近未来シミュレーション」
を下記の通り開催致します。(ポスター)


 近年、ゲノム情報などがんの個性に基づいた個別化医療が実臨床に導入されています。
最近、海外ではPARP(Poly-ADP ribose polymerase)阻害薬が、遺伝性乳癌卵巣癌の
原因遺伝子であるBRCA1またはBRCA2遺伝子変異陽性の卵巣癌に対して承認されました。
このワークショップは、国内でもPARP阻害薬が承認され臨床使用に供される近未来をシミュ
レーションして、ロールプレイを含む小グループ討論形式で対応法について学びます。
楽しみながら学んでもらえるワークショップですので奮ってご参加ください。


※申込〆切:2016年1月31日(日)


| 開催概要 | 問い合わせ |

開催概要

講座名

平成27年度「チーム医療」分野別ワークショップ「遺伝性卵巣がんとPARP阻害薬:近未来シミュレーション」

日時

2016年2月10日(水) 10:00~13:00 (予定)

会場

慶應義塾大学 信濃町キャンパス
孝養舎2階マルチメディアカンファレンスルーム
>>アクセス (東京都新宿区信濃町35)
JR中央線・総武線「信濃町」駅下車 徒歩約3分/都営地下鉄大戸線「国立競技場」駅下車 徒歩約5分

対象者

がん医療を学ぶ大学院生(修士、博士)およびがん医療に携わる医療従事者

参加費

無料(要事前申込み)

参加申込方法

慶應義塾大学信濃町キャンパスがんプロ事務局まで、下記の事項を記載して
メールにてお申し込みください。(〆切:12月28日(月)1月31日(日)

1.氏名(フリガナ)
2.性別
3.年齢
4.電話番号
5.メールアドレス
6.勤務先・部署/所属大学・学部(研究科)
7.職種(医師/歯科医師/薬剤師/看護師/医学物理士/がんプロ大学院生
  /大学院生/がんプロ関係教員/その他)
  ※大学院生は該当する職種も併せて記載ください。

申込先:慶應義塾大学信濃町キャンパスがんプロ事務局
     ( E-mail:ganpro-jimushitsu@adst.keio.ac.jp )

プログラム

■開会の辞(10:00~10:05)
 谷川原 佑介(「チーム医療」分野責任者、慶應義塾大学医学部臨床薬剤学)

■基調講義(10:05~10:35)
 1.卵巣がん患者に対するPARP阻害薬とBRCA遺伝子検査
   今村 知世(慶應義塾大学医学部臨床薬剤学)
 2.BRCA遺伝子変異と卵巣がん
   植木 有紗(川崎市立井田病院 婦人科/家庭性腫瘍相談外来)

■症例の紹介(10:35~10:45)
 武田 祐子(慶應義塾大学看護医療学部/大学院健康マネジメント研究科)

■休憩とグループ内での自己紹介(10:45~11:00)

■ロールプレイ(11:00~12:30)

■意見交換(12:30~12:55)

■講評と閉会の辞(12:55~13:00)
 小崎 健次郎(慶應義塾大学医学部臨床遺伝学センター)

※プログラムの詳細はこちらをご確認下さい。

主催

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
-高度がん医療開発を先導する専門家の養成-
チーム医療分野別連携活動
(慶應義塾大学、北里大学、聖マリアンナ医科大学、東海大学、山梨大学、首都大学東京、聖路加国際大学、
信州大学、東京歯科大学、国際医療福祉大学の10大学15研究科で構成)

本件に関する問い合わせ先

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン事務局
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35番地
慶應義塾大学信濃町キャンパス学生課
TEL 03-5363-3665(土・日・祝祭日を除く9時から17時まで)

E-mail:ganpro-jimushitsu@adst.keio.ac.jp
※内容により、回答できかねる場合や回答に時間がかかる場合もございます。
 また発信元や通信の事由ない電子メールに関しましても、お応えしかねる場合がございますのでご了承下さい。