がんプロ:高度がん医療開発を先導する専門家の養成-高度がん医療開発を先導する専門家の養成-

がんプロ:高度がん医療開発を先導する専門家の養成
News&Topics

HOME > News&Topics > 薬学分野別委員会主催シンポジウム「在宅医療および外来化学療法におけるがん化学療法レジメンの現状と課題」開催のご報告(慶應義塾大学大学院 薬学研究科)

薬学分野別委員会主催シンポジウム「在宅医療および外来化学療法におけるがん化学療法レジメンの現状と課題」開催のご報告(慶應義塾大学大学院 薬学研究科)

  慶應義塾大学  2015/07/13


がんプロフェッショナル養成基盤推進プランの一環として、下記シンポジウムを開催しました。


薬学分野別委員会主催シンポジウム
在宅医療および外来化学療法におけるがん化学療法レジメンの現状と課題


日  程:2015年7月12日(日)

時  間:13:30~17:30

演  者: 濱 敏弘(公益財団法人 がん研究会有明病院 薬剤部長)
     浜本 康夫(慶應義塾大学病院 腫瘍センター 特任講師)
     東 加奈子(東京医科大学病院 薬剤部 主査)
     小坂 威雄(慶應義塾大学病院 泌尿器科 講師)
     安室 修(亀田総合病院 薬剤部 薬剤室 副室長)

会  場:慶應義塾大学 芝共立キャンパス