がんプロ:高度がん医療開発を先導する専門家の養成-高度がん医療開発を先導する専門家の養成-

がんプロ:高度がん医療開発を先導する専門家の養成
News&Topics

HOME > News&Topics > 2/14(土) 第3回 トランスレーショナルリサーチシンポジウム「がん免疫療法の最前線」

2/14(土) 第3回 トランスレーショナルリサーチシンポジウム「がん免疫療法の最前線」

イベント情報  慶應義塾大学  2015/01/19

本年度のシンポジウムでは、近年めざましい展開を見せている「がん免疫療法」に焦点をあて、第一線で研究を展開されている研究者を全国からお招きして行います。いずれも実用化を目前にした最先端の研究ばかりです。がんプロ大学院生・スタッフだけでなく、TRに関心のある医療関係者・研究者・学生の参加を広くお待ちしています。

参加費:入場無料(【応募フォーム】よりお申込下さい。)


| 開催概要 | プログラム | 問い合わせ |

開催概要

講座名

第3回 トランスレーショナルリサーチシンポジウム 「がん免疫療法の最前線」

日時

2015年2月14日(土) 13:00~16:30頃   ※12:30開場

会場

慶應義塾大学 信濃町キャンパス
総合医科学研究棟1F ラウンジ
>>アクセス案内 (東京都新宿区信濃町35)
JR中央線・総武線「信濃町」駅下車 徒歩約3分/都営地下鉄大戸線「国立競技場」駅下車 徒歩約5分

参加費

無料(【応募フォーム】より申込を行ってください)
 ※当日参加も可能です。※

対象者

臨床研究・TR・がん医療に携わっている研究者・医療従事者、大学院生等

主催

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
-高度がん医療開発を先導する専門家の養成-
(慶應義塾大学、北里大学、聖マリアンナ医科大学、東海大学、山梨大学、首都大学東京、聖路加国際大学、信州大学、東京歯科大学、国際医療福祉大学の10大学15研究科で構成)

プログラム

プログラム

13:00-13:10 開会の辞
            河上 裕 (慶應義塾大学医学部先端医科学研究所(細胞情報研究部門) 教授
                    がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン事業推進責任者)

13:10-16:20 シンポジウム

          [座長]:中島 秀明 (慶應義塾大学医学部 内科学(血液) 准教授)

           ①卵巣癌に対する抗PD-1抗体を用いた医師主導第II相治験
              濱西 潤三(京都大学大学院医学研究科 婦人科学産科学 助教)
             
           ②遺伝子改変T細胞輸注による新しいがん免疫療法の臨床開発
              池田 裕明(三重大学大学院医学研究科 遺伝子・免疫細胞治療学講座 准教授)
             
           ③遺伝子組換えHSV-1を用いたがんのウイルス療法
              藤堂 具紀(東京大学医科学研究所 先端医療研究センター先端癌治療分野 教授)

  <休憩 14:55―15:10>

           [座長]:桐戸 敬太(山梨大学医学工学総合研究部血液・腫瘍内科学講座 教授)

           ④卵巣癌に対する抗PD-1抗体を用いた医師主導第II相治験
              舩越 建(慶應義塾大学医学部 皮膚科 講師)

           ⑤キメラ抗原受容体(CAR)発現Tリンパ球を用いたB細胞性腫瘍に対する養子免疫遺伝子療法
              小澤 敬也(東京大学医科学研究所 病院長 教授)

16:20―16:30 閉会の辞
            中島 秀明 (慶應義塾大学医学部 内科学(血液) 准教授)
 

本件に関する問い合わせ先

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン事務局
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35番地
慶應義塾大学信濃町学生課
TEL 03-5363-3665(土・日・祝祭日を除く9時から17時まで)

E-mail:ganpro-jimushitsu@adst.keio.ac.jp

※内容により、回答できかねる場合や回答に時間がかかる場合もございます。また発信元や通信の事由ない電子メールに関しましても、お応えしかねる場合がございますのでご了承下さい。