がんプロ:高度がん医療開発を先導する専門家の養成-高度がん医療開発を先導する専門家の養成-

がんプロ:高度がん医療開発を先導する専門家の養成
News&Topics

HOME > News&Topics > 6/21 (土) 第33回 臨床医学物理研究会定例会開催のご報告

6/21 (土) 第33回 臨床医学物理研究会定例会開催のご報告

  首都大学東京  2014/06/23

首都大学東京荒川キャンパスにて、以下のように第33回 臨床医学物理研究会定例会を開催いたしました。

日 時 
  2014年6月21日(土)10:20~17:00
場 所
  首都大学東京 荒川キャンパス
プログラム
  1 「AcurosXB ver11の変更点とその対策 -Automatic CT to material conversionを中心に-」
   宮阪 遼平 先生(千葉県がんセンター)
  2 「AcurosXBの高密度物質における不均質補正」
   河内 徹 先生(千葉県がんセンター)
  3 「FFFによるVMAT治療計画と照射時間の検討」
   兒玉 匠 先生(千葉県がんセンター)
  4 「解説:Addendum to the AAPM's TG-51 protocol」
   片寄 哲朗 先生(千葉県がんセンター)
  5 「新規治療施設の立ち上げ」
   遠山 尚紀 先生(東京ベイ先端医療幕張クリニック)
  6 「PETの基礎と臨床」
   三本 拓也 先生(東京ベイ先端医療幕張クリニック)
  7 「陽子線に対する線阻止能比算出を目的としたCBCT volume scanに関する研究」
   平井 隆太 先生(埼玉医科大学国際医療センター)
参加者/募集人数
  33名/35名程度