がんプロ:高度がん医療開発を先導する専門家の養成-高度がん医療開発を先導する専門家の養成-

がんプロ:高度がん医療開発を先導する専門家の養成
News&Topics

HOME > News&Topics > 第1回「がん患者における摂食・嚥下リハビリテーション」講習会

第1回「がん患者における摂食・嚥下リハビリテーション」講習会

イベント情報  東京歯科大学  2013/12/18

口腔がん術後の患者からの希望の1つに、口から食べ物を食べたいということがあります。摂食・嚥下リハビリテーションは、この希望に少しでも満たすための、支持療法(サポーティブ・ケア)の一つと考えます。特に口腔がん術後では、口腔や咽頭の形態が変化し、運動機能障害を引き起こします。このような患者に対して、摂食・嚥下リハビリテーションを行うことにより、経口摂取の可能性を高め、生活の質の向上に大きく貢献することができると考えます。
「高度がん医療開発を先導する専門家の養成」支持療法委員会の主催としては初めての講演会となりますが、医師、歯科医師、言語聴覚士、看護師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士等の医療従事者の皆様を対象に、特に口腔がん患者に焦点をあてた「がん患者のための摂食・嚥下リハビリテーション」講習会のご案内をさせていただきます。
皆様の多数の参加をお待ちしています。
                     

日  時:平成26年1月11日(土)14:00~17:00
場  所:東京歯科大学水道橋校舎13階 
     (JR水道橋駅下車 徒歩1分)
対 象 者:医師、歯科医師、言語聴覚士、看護師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士
受 講 料:無料

詳細はこちらへお願いします。摂食嚥下セミナーポスター.pdf